夏の甲子園開幕 夢の舞台木総合行進 第99回全国高校野球選手権大会

  • 0
  • LINEで送る

第99回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する木更津総合の選手たち=8日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場

 台風5号の影響で1日延期された第99回全国高校野球選手権大会が8日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。雨上がりの曇り空の下、午前9時から49代表校による開会式が行われた。

 入場行進は昨年優勝校の作新学院(栃木)を先頭に北から南の順に行われ、開幕を待ちわびた2万4千人の観衆から温かい拍手が送られた。千葉県代表の木更津総合は左袖の校章に同校の甲子園出場回数と同じ9個の星を配置した新ユニホームで堂々と行進。2年生の東智弥の掛け声の下、聖地の土を踏みしめた。

 「始まったな、という実感が湧いた」と峯村貴希主将。左中間スタンドで見守った庄村剛輝らメンバー外の部員たちが大きく手を振ると、気付いたナインが笑顔で返すなどリラックスした表情も見せた。今大会で2年秋以来となるベンチ入りを果たした久保田望は初めて経験する聖地に「テレビで見た以上に広く、きれいだった」と笑った。

 大会は順調に日程が消化されれば、決勝は22日に行われる。木更津総合は10日の第1試合(午前8時開始)で日本航空石川との初戦を迎える。