意地の2点適時打 市船橋・高田 第98回全国高校野球選手権千葉大会 最終日

 市船橋の高田悠太が六回2死満塁から同点の2点打を放った。140キロの外角低め直球を中前にはじき返した。

 左手の有鉤骨(ゆうこうこつ)を疲労骨折していたが「痛みはない」。影響を考慮され途中出場が多かっ ・・・

【残り 213文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る