投打に活躍の背番号10 習志野・並河 第98回全国高校野球選手権千葉大会 第11日

 七回から二番手としてマウンドに立った背番号10の投手が、打のヒーローになった。

 1点を追う、習志野の九回の攻撃。相手失策で先頭打者が出塁すると、一気に付け入った。1死満塁で打席に立ったのが並河啓太。 ・・・

【残り 442文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る