房総通リズム春の観光特集2024

柏陵、紙一重の激勝 死力尽くし最後に明暗 第105回全国高校野球 千葉大会 第6日

長狭―柏陵 9回裏柏陵2死二塁、サヨナラ二塁打を放ちナインのもとに駆け寄る鈴木=千葉県総合SC
長狭―柏陵 9回裏柏陵2死二塁、サヨナラ二塁打を放ちナインのもとに駆け寄る鈴木=千葉県総合SC

 柏陵はサヨナラ勝ち。八回終了時、両校ともに8安打4得点。紙一重の一戦にピリオドを打ったのが、柏陵の鈴木友瀬。九回2死二塁から左越え二塁打を放ち、劇的勝利で球場を沸かせた。

 「点の取り合いになったが、投手が粘ってくれたので打ってやろう」 ・・・

【残り 325文字】



  • LINEで送る