焼却灰一時保管で森田知事に質問状 我孫子市議会

 高濃度の放射性物質を含む焼却灰について、県が我孫子・印西両市にまたがる手賀沼終末処理場を一時保管場所に決めたことに対し、我孫子市議会は31日、一時保管施設の安全性や国の最終処分場の候補地などを尋ねる森田健作知事宛ての質問状を提出した。

 県庁を訪れたのは、川村義雄議長、早川真副議長と放射能対策特別委員の市議6人。質問状は、手賀沼処理場に決定した経緯と保管量を超えた場合の一時保管場所の候補地や、隣接地域の実害や風評被害への対応、焼却灰の運搬ルート-など7項目について、8月15日までに回答するよう県に求めている。


  • LINEで送る