新党参加を地元報告 岡島氏「市民のための政治に」 市原

  • LINEで送る

岡島氏(写真左)の会合に出席し新党にかける意気込みなどを語る東幹事長=16日、市原市市民会館
岡島氏(写真左)の会合に出席し新党にかける意気込みなどを語る東幹事長=16日、市原市市民会館

 消費増税法案の採決で造反して民主党を離党し、新党「国民の生活が第一」に参加した岡島一正衆院議員(千葉3区)が16日、地元の市原市で会合を開き、支持者に初めて離党、新党に至った心境などを語った。

 東幹事長は「野田総理に政権交代の原点に戻れと言い続けたが聞く耳を持たなかった。原点に戻り、日本の政治再生へ頑張る」と話した。岡島氏は「中身なき増税で3党が合意し、増税以外の選択肢を奪った。国民に選択肢をつくる必要があり、今すべきでない、先にやることがあると行動に出た」と説明。「政治権力を市民の視点で、市民のために使う政治に変える」として特別会計の撤廃、独立行政法人の統廃合、脱原発などの政策を明らかにした。