匝瑳高校を進学重点校に 県議会

 6月県議会は2日、文教、総合企画水道の2常任委員会が開かれた。県教委は、2013年度から新たに匝瑳高校(匝瑳市)を「進学指導重点校」に指定することを明らかにした。

◆県内在住の外国人 震災後5千人減少
 【総合企画水道】東日本大震災の影響で県の予想より7年早く始まった県内の人口減少について、県は、震災後の15カ月間で県内在住の外国人が5088人減少したことを明らかにした。岡村泰明議員(自民)らの質問に答えた。


  • LINEで送る