コロナ療養情報SMS、一部文面を見直し始動 千葉県、偽造サイト確認で

千葉県庁
千葉県庁

 新型コロナウイルス感染者へ療養に必要な情報を迅速に提供するため、千葉県は24日、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を活用した情報提供を開始した。ただ、運用方法公表後に県からのメッセージを装って偽造サイトへ誘導し、個人情報の記載を要求する事例が複数確認されたことから、当初予定していた文面の一部を見直した。

 県は当初、療養情報をまとめた県ホームページ(HP)のアドレス等を掲載予定だったが、感染者自身が県HPにアクセスするよう文面を修正した。


  • LINEで送る