【速報】「まん延防止」週内にも適用へ 千葉など4都県 政府、新型コロナ第6波で

報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=17日午後、都庁(共同)
報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=17日午後、都庁(共同)

 新型コロナウイルス感染急拡大が続く東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県に対し、政府が週内にも「まん延防止等重点措置」を適用する方向で調整に入ったことが17日、分かった。4都県の知事は同日夕のテレビ会議で要請に関して協議する。都内では要請基準となる病床使用率20%に達する可能性が高い。岐阜、愛知、三重の東海3県も一両日中の要請を確認。政府は各都県から要請があれば速やかに適用を検討する構えだ。

 東京都の小池百合子知事は17日、今後の対応について「近隣3県からもいろいろ現状をうかがいながら詰めていく」と述べた。

 各地の状況をみると、多くの都道府県で新変異株「オミクロン株」の市中感染が拡大している。デルタ株からの急速な置き換わりが進む地域がみられ、今後の状況次第で医療提供体制の逼迫(ひっぱく)などが強く懸念されている。


  • LINEで送る