「唐突で乱暴」と抗議文 県の決定に我孫子市 汚染焼却灰一時保管

 高濃度の放射性物質に汚染されたごみ焼却灰について県が手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)を一時保管場所に最終決定したことを受け、我孫子市の星野順一郎市長と同市議会は19日、決定を批判する抗議文をそれぞれ森田健作知事に送付した。印西市議会も同日、より丁寧な説明を県に求める決議を可決した。

 我孫子市の星野市長は抗議文で「複数の保管場所確保など市が求めてきた新たな提案はなく、地元の理解も得られていない」と指摘。「最終処分場の候補地も不透明な中での決定は、あまりに唐突かつ乱暴で容認できない」と強調した。

 同市議会は、再三にわたり反対を表明してきた経緯に触れ、「市議会に連絡もなく決めた今回の暴挙は許されない」とし、きょう20日、決定反対を決議する見通し。


  • LINEで送る