焼却灰問題知事、一時保管を近く決断 「環境相が確約」 最終処分場

細野豪志環境相(右)と会談する森田健作知事(手前)=14日午後、東京都千代田区の環境大臣室
細野豪志環境相(右)と会談する森田健作知事(手前)=14日午後、東京都千代田区の環境大臣室

 高濃度の放射性物質に汚染されたごみ焼却灰の一時保管場所をめぐり我孫子市など4市1組合との協議が難航している問題で、森田健作千葉県知事は14日、細野豪志環境相と会談し、最終処分場を国が設置するよう要望した。森田知事は「細野環境相から整備の確約を得た」として、県が提案する手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)での一時保管を近く決断するとみられる。

 森田知事は会談で、同処理場周辺の住民を対象とした説明会で「国の最終処分場のめどが立たない中、一時保管が恒久化するのでは」との懸念が多数寄せられたと説明。住民の不安に答えるため「2014年度末までに国が最終処分場を設置すると明言している。一日も早くお願いしたい」と要望した。

 細野環境相は「最終処分場設置は法律にも書かれおり、必ず責任を持ってやる」と明言した一方、一時保管については「ぜひ知事にやってほしい」と求めた。

 将来的に国が焼却灰を処理する見通しが立ったことで、森田知事は週明けにも手賀沼処理場での一時保管を決断するとみられる。


  • LINEで送る