北千葉道路 国の新規事業化決定 市川の3・5キロ、知事「全線開通へ前進」

 千葉県市川市の東京外かく環状道路(外環道)と成田空港を結ぶ国道464号「北千葉道路」(全長約43キロ)のうち、県は30日、市川市堀之内の北千葉ジャンクション(JCT、仮称)―同市大町間(一般道路3・5キロ、有料道路1・9キロ)について、国による新規事業化が決定したと発表した。今月中旬の国の審議会で「新規事業化は妥当」と評価されていたが、決定を受けて森田健作知事は「北千葉道路の全線開通に向け大きな前 ・・・

【残り 429文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る