軽症者ホテル 千葉県が1棟追加 2月から968室に

千葉県庁
千葉県庁

 新型コロナウイルス感染者の急増を受けて、千葉県は26日、軽症者受け入れホテルを新たに1カ所、千葉市内に追加すると発表した。全館一括で180室を借り上げ、27日から患者を受け入れる。県内では軽症者用ホテルを6カ所で計858室確保しているが、今月末に市川市内のホテル(70室)の借り上げ契約が終了するため2月以降は再び6カ所体制となり、計968室で受け入れる。

 軽症者受け入れホテルを巡っては、県の病床確保計画と連動しており、最も厳しいレベルの「フェーズ4-2」となっている現在は1400室の確保が目標。県は今後も確保に向けた努力を続けるとしている。


  • LINEで送る