「外国に対抗できるカジノを」 シンガポール・台湾視察終え森田知事

 「外国に対抗できるカジノを」-。15日まで8日間の日程で観光PRなどのため台湾とシンガポールを訪れた森田健作知事は、17日の定例記者会見で、シンガポールのカジノ視察を踏まえ、あらためて県内に誘致を検討するカジノ像を語った。

 森田知事は「これまでカジノさえあればなんとかなると思っていた」という。しかしシンガポールでの視察を経て「対抗するためには国や大企業も引っ張り込んで、歌舞伎や能が鑑賞できるなど、他国にない要素を含む複合施設の中のカジノを考えていかないと非常に難しいと感じた」と述べた。

 また、同国の国民が日本に感じている魅力は、雪、ゴルフ、温泉、すし、ディズニーランドとした上で「雪以外は、千葉もがんばれる。もっと情報発信すれば、新たな観光客を呼び込める」と期待感を示した。台湾についても「親日だが、千葉の知名度は低い。ディズニーランドは東京にあると思われている。どんどん千葉をPRしたい」と攻めの姿勢を見せた。


  • LINEで送る