旭市の断水、給水再開

  • LINEで送る

 旭市の旭地区、干潟地区で16日夜から断水が続いていた問題で、両地域の計約1万5千軒に配水する東総広域水道企業団(東庄町)は18日、送水管の取り替え作業を終え、同日午前6時から給水を再開したと明らかにした。

 同企業団などによると15日夜、旭市萬歳の地中に埋まった送水管の損傷が確認された。復旧工事を進める中で近くの電柱が倒れる可能性が生じたたためバルブを締めたことから、16日午後9時半ごろから断水した。損傷は、老朽化による腐食が原因とみられる。