桜田五輪相2位1.3億円 新任13閣僚、平均6288万円 第4次改造で資産公開

  • LINEで送る

 第4次安倍改造内閣で新たに入閣した13閣僚が16日、10月の就任時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は、平井卓也科学技術担当相が3億2005万円で最も多かった。13人の総資産平均は6288万円で、公開済みの安倍晋三首相と留任閣僚を含めた内閣全体の総資産平均は8910万円だった。

 1億円を超えたのは平井氏を含めて3人。2位は桜田義孝五輪相(衆院千葉8区)で1億3678万円、片山さつき地方創生担当相が1億1700万円で続いた。

 平井、桜田、片山各氏ら計8人が家族分を含め、総資産額には算入されない株式を保有しており、実際の資産は公開額を上回る。

 平井氏は、東京都渋谷区や高松市、長野県軽井沢町に夫婦で所有する土地や建物が資産のほとんどを占める。金融資産は定期預金の200万円のみだった。

 桜田氏は、柏市に宅地や田畑、住宅など多くの不動産を持っているが、自宅建設のための借入金が1億1686万円あった。金融資産は定期預金など660万円。

 片山氏は夫婦の定期預金が計5200万円、有価証券が計2224万円あった。借入金は2116万円だった。

 最も少なかったのは、799万円の吉川貴盛農相。次いで渡辺博道復興相(衆院千葉6区)の1000万円だった。改造で退任した13閣僚の資産も公開された。いずれも在任中に大幅な増減はなかった。

◆8閣僚が株式保有 桜田氏、持ち株数で最多

 16日に公開された第4次安倍改造内閣の資産公開によると、新たに入閣した13閣僚のうち8人は本人や家族が株式を保有していた。銘柄数が最多だったのは片山地方創生担当相の23で、平井科学技術担当相の12が続いた。外国銘柄や親族企業の株式を持つなど所有の在り方はさまざまだ。

 片山氏は夫の分を含め、NTT千株やフジ・メディア・ホールディングス200株など計約1万2千株を報告した。夫は中国自動車大手の広州汽車1327株を持つ。

 平井氏は夫妻で計約4万1千株。親族が経営する四国新聞社のほか、米ナスダック市場に上場する半導体大手エヌビディアや情報セキュリティー会社ファイア・アイなど米国株も保有する。妻と合わせて11銘柄、計約7千株の石田真敏総務相が続いた。

 持ち株数の最多は桜田五輪相で、妻も含め5銘柄計約10万3千株。桜田氏が設立した建設会社など全て親族企業だった。吉川農相も父がつくった企業や関連会社の7銘柄、計約1万5千株を持っている。

 ◇閣僚資産公開 首相や閣僚、副大臣、政務官らが就任時と退任時に資産状況を自己申告で報告する制度。地位を利用した不正蓄財を監視するのが目的で、現行制度は2001年に閣議決定した「大臣規範」に基づく。株式は銘柄や株数だけを公開し、ゴルフ会員権や自動車、美術品などの金額は表記しない。普通預金は公開対象外で、不動産は固定資産税の課税標準額によるため、実態が反映されていないとの指摘がある。