「大ミッション」手応え トップセールス終え帰国 森田知事 【タイレポート】

  • LINEで送る

「寅次郎」で行われた試食会で、千葉県産農水産物をPRした森田知事(右)=7日、バンコク
「寅次郎」で行われた試食会で、千葉県産農水産物をPRした森田知事(右)=7日、バンコク

 【バンコク=加藤凱】トップセールスのためタイを訪問していた森田健作知事は7日、バンコクの和食レストラン「寅次郎」で開かれた千葉県産農水産物試食会に参加した。タイで日本の食品を扱うバイヤーやシェフら約30人を招き、キンメダイやサツマイモなど県産品を使った料理を振る舞った。

 森田知事は「これを機に、県産の農水産物をどうぞお使いください。おいしい料理を皆さまの手で出していただき、タイの皆さまに喜んでいただきたい」とあいさつ。同席したJA千葉中央会の林茂壽会長は「安全でおいしい野菜や果物、自慢の魚で試食会の準備をさせていただいた。ぜひタイで人気メニューにお取り立ていただきたい」と県産品を売り込んだ。

 同日、タイでの全日程を終えた森田知事は、3度目のタイでのトップセールスについて「文化・経済・食品・スポーツすべてを網羅した大ミッションだった」と手応えを語り、「3回は一つの区切り。これからは各論に入っていく。どのようにウィンウィンの関係を築いていくかが今後につながっていく」と見通した。森田知事は8日帰国した。