部下へパワハラ 係長停職1カ月 君津市

 君津市は24日、パワーハラスメントで部下に精神疾患を発症させたとして、保健福祉部の男性係長(43)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、係長は昨年7月~今年4月、決済文書の事務処理を巡って、業務上必要かつ相当の範囲を超えた精神的な苦痛を与える不適切な言動を繰り返していた。具体的な改善点を示さず、付せんによる書き直し指示や人格を傷つける発言があったという。

 部下は4月にメールでパワハラを訴え、約8カ月病気休暇することになり、現在は復職して別の部署で勤務。市の聴き取り調査に係長は「反抗的な態度があり、口調が厳しくなってしまった」と話している。


  • LINEで送る

君津市