コロナ感染の妊婦が自宅で早産、赤ちゃん死亡 出産前に受け入れ先見つからず… 柏

赤ちゃん死亡までの経緯を説明する柏市保健所の沖本次長(左)と市消防局の伊藤副局長=柏市
赤ちゃん死亡までの経緯を説明する柏市保健所の沖本次長(左)と市消防局の伊藤副局長=柏市

 新型コロナウイルスに感染し入院先を探していた柏市の30代妊婦が、療養中の自宅で早産、男の赤ちゃんがまもなく死亡したことが19日、柏市への取材で分かった。女性は妊娠29週で1人暮らし。コロナ症状は中等症だった。

 市保健所と市消防局によると、女性は11日にコロナ感染が確定。発生届では妊娠が分からず、保健所が把握したのは調査した14日だった。同日夜に中等症と判明。市は15日、県に入院調整を依頼した。

 市によると、市などは当初、内科の受け入れ先を探したが見つからなかった。女性は17日に出血などがあり、市は出産間近の可能性があると判断。産科を含め引き続き受け入れ先を探したが見つからなかった。

 同日夕、女性は自宅で男児を出産。市の指示で救急車を呼び市内の病院に搬送されたが、男児の死亡が確認された。女性の命に別条はなかった。


  • LINEで送る