【新型コロナ詳報】千葉県内119人感染、1人死亡 4日連続100人超 居住地別最多は市原17人

千葉日報 新型コロナ情報
千葉日報 新型コロナ情報

 千葉県内で19日、新型コロナウイルス患者1人の死亡と119人の感染が分かった。県内における感染者数は3万9千人を超えた。感染者数が100人を上回るのは4日連続。居住地別では、まん延防止等重点措置の対象区域に21日から追加される市原市が最多の17人だった。

 県疾病対策課によると、死亡したのは県内に住む70代男性。今月中旬に呼吸状態が悪化し救急搬送され、入院時のPCR検査で感染が判明。呼吸器系などの基礎疾患があり、酸素投与を受けていたが回復しなかったという。ワクチン接種歴はなかった。

 クラスター(感染者集団)が発生している君津市の製造業「日伸精機」では新たに従業員1人の陽性が判明し、感染者は計13人となった。対象の従業員34人の検査が終了しており、健康観察を進める。

 県は90人の感染も発表。このうち20代~70代の男女6人に肺炎症状がみられる。

 船橋市は12人の感染を発表。変異株独自検査では、対象になった1人が英国株(アルファ株)と判明した。千葉市は13人、柏市は3人の感染をそれぞれ発表した。

 19日に感染が確認された人の居住地は▽市原市17人▽船橋市16人▽千葉市12人▽八千代市11人▽松戸市、浦安市、成田市、木更津市が各7人▽市川市、君津市が各5人▽習志野市、野田市が各4人▽柏市、富里市、鴨川市、富津市が各3人▽流山市、我孫子市、館山市、神崎町が各1人▽県外が1人だった。


  • LINEで送る