軽ワゴン衝突、4人死傷 路線バスを追い越し 流山

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 10日午後3時5分ごろ、流山市平和台5の市道で、軽ワゴン車がバス停で停車中の路線バスを追い越そうとして車体に接触、そのまま対向車線に進み、前から来た乗用車と正面衝突した。軽ワゴン車を運転していた同市鰭ケ崎の平塚春夫さん(85)と同乗者で妻の和子さん(81)が病院に搬送され、死亡が確認された。乗用車の運転者で60代ぐらいの男性と助手席の70代ぐらいの女性が軽傷を負った。流山署が詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、路線バスの乗客6人にけがはなかった。現場は片側一車線で、軽ワゴン車が路線バスを追い越そうとした際、左側サイドミラーがバスと接触した。


  • LINEで送る

流山市