児童手当通知2000件未発送 千葉市、過払い返還手続きも

千葉市役所
千葉市役所

 千葉市は24日、美浜区の美浜保健福祉センターこども家庭課の30代男性職員が、2019年度の児童手当の認定通知書約2千件の発送を怠っていたと発表した。他業務を優先し、後回しにしていたという。手当の支給に影響はなかった。児童手当の過払い分返還手続きなども滞っていた。

 市によると、昨年3月、19年度の児童手当認定などに関する決裁手続きが行われていなかったため、同課の管理職がさかのぼって手続きをするよう男性職員に指示。男性職員は決裁手続きを行い、手当は支給されたが、認定通知書を発送していなかった。

 このほか、転出に伴う児童手当の過払い分返還手続き19件(計116万円)と、対象児童の所在確認29件も行っていなかった。

 男性職員は聞き取りに対し「前任の担当業務で忙しく、いつかやろうと思ったまま後回しにしてしまった」と話したという。同課は、対象者へ謝罪文と通知書を送付するとともに、過払い分の返還手続きを進める。


  • LINEで送る