タンク内転落男性死亡 茂原の三井化学

 10日午前11時15分ごろ、茂原市東郷の三井化学茂原分工場内で、従業員から「30代の男性がタンク内に転落した」と119番通報があった。駆け付けた消防隊が男性を救出したが、現場で死亡を確認。茂原署によると、事故当時、男性を含む3人一組でタンクに備え付けられたメーターの点検作業をしていた。男性は30代ぐらいで、同署は身元確認を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。

 タンクは高さ約4メートル。中には薬品の製造に使った廃油が入っていたという。


  • LINEで送る