【新型コロナ詳報】千葉県内147人感染、1人死亡 10日連続100人超え 変異株新たに45人陽性

 千葉県内で24日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と147人の感染が新たに判明した。10日連続で感染者が100人を超えた。感染判明済みの10歳未満~70代男女45人の変異株陽性も分かった。一日に判明した人数としては、23日の55人に次いで2番目に多く、累計283人に増えた。

 県によると、変異株陽性の45人は、いずれも海外滞在歴はなく軽症または無症状。県は100人の感染と90代以上の男性1人の死亡も発表した。亡くなった男性は4月下旬、自室で倒れているのを家族が発見し、119番通報した。搬送先の病院でPCR検査をして陽性が判明。入院して酸素投与などの治療を受けていたが、23日に死亡した。

 船橋市は15人の感染を発表した。同市保健所で変異株の独自検査をした2人のうち、市内居住の1人の陽性が判明した。

 千葉市は、13人の感染を発表した。このうち4人はクラスター(感染者集団)が発生している食品製造会社「ジャパンファーム」の従業員。同社の感染者は67人になった。柏市は19人の感染を発表した。

 24日に県内で感染が判明した人の居住地は柏市20人▽市川市16人▽船橋市、旭市が各14人▽千葉市が13人▽松戸市、浦安市が各12人▽流山市8人▽習志野市6人▽市原市5人▽八千代市4人▽鎌ケ谷市、茂原市が各3人▽佐倉市、野田市、木更津市、印西市、富里市が各2人▽白井市、香取市、神崎町、一宮町が各1人▽県外3人。


  • LINEで送る