交番ドア損壊疑い 柏署、国税局職員逮捕

 交番の出入り口ドアを壊したとして、柏署は10日、器物損壊の疑いで東京国税局職員、鈴木良太容疑者(34)=流山市名都借=を逮捕した。暴行被害を受けたとして交番を訪れたが、勤務員が不在だったといい「いらいらして蹴飛ばした」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は10日午前5時半ごろ、柏市南柏1の南柏駅前交番で、出入り口ドアを足蹴りして壊した疑い。

 同署によると、同交番の勤務員が午前7時ごろに出勤し、被害を確認。その後、鈴木容疑者から暴行被害に関する110番通報があり、同交番で事情を聴く中で容疑が浮上した。


  • LINEで送る