死因は失血死か 柏の男性刺殺

 柏市の住宅で高齢の男性が刺殺された事件で、柏署は19日、死亡した無職の男性(91)を解剖した結果、死因は背中を刺されたことによる失血死の疑いがあると発表した。刺し傷は心臓を貫通していたという。

 同署によると、事件では男性の背中を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑でこの家に男性と同居する長男(59)が逮捕されており、同署は詳しい動機や経緯を調べている。


  • LINEで送る