委託会社従業員、ゆうパック盗む 市川郵便局

 日本郵便関東支社は16日、市川市の市川郵便局で配達業務を担当する委託会社従業員で50代の男性が、食品の入ったゆうパック1個を盗む不正行為があったと発表した。

 同支社によると、男性は1月24日、同局での作業中にゆうパック1個を盗み、自宅に持ち帰った。配達状況の調査で30日に不着が判明し、その後の社内調査で男性が不正行為を認めた。「内容物が欲しかった」と説明したという。

 同局ではほかに同様の被害は確認されていない。市川署には相談済み。同支社は関係者に経緯の説明と謝罪をし、再発防止策を講じるとともに委託会社への指導を徹底するとしている。


  • LINEで送る