育児の悩み寄り添います 千葉市のNPO、20日まで電話相談 コロナ禍の孤立も防ぐ

 千葉市中央区のNPO法人「子ども劇場千葉県センター」(宇野京子理事長)は、15~20日に子育ての悩みや不安に耳を傾ける電話相談窓口を開設する=写真はポスター。研修を受けた育児経験者が、相談者が子育てを楽しめるよう寄り添う。相談は原則、匿名。

 同法人は毎週金曜日に電話相談「ママパパラインちば」を実施。今回はその「ママパパライン」の全国キャンペーンとして、月曜日から土曜日まで通して相談を受け付ける。

 同法人によると、1人で子育ての悩みを抱え込んでしまうと子どもへの虐待につながる恐れが指摘されている。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などで話す機会を失い、孤立してしまう親が出ているという。

 相談は「子どもと一緒に過ごす時間が増え、イライラしてしまう」「夫が家事や子育てに協力してくれない」など幅広い内容に対応。担当者は「愚痴でも良いので気軽に電話してほしい」と利用を呼び掛けた。

 時間は午前10時~午後4時。虐待など深刻な場合は児童相談所や虐待防止センターと連携する。弁護士や小児科医にアドバイスを受けられる体制も整備している。受け付けはママパパラインちば(電話)043(204)9390。


  • LINEで送る