【新型コロナ詳報】千葉県内6人死亡、121人感染 死者累計300人に 新規クラスターは2件

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県内で7日、新型コロナウイルスに感染した男女6人の死亡が判明し、累計の死者数が300人に達した。乳幼児から100歳以上の男女121人の感染も判明。有料老人ホームや障害者生活介護事業所でクラスター(感染者集団)が確認された。県内の累計感染者は2万3736人に増えた。

 県は5人の死亡と68人の感染を発表した。死亡した市川市の70代男性は、クラスターが発生した「行徳じんクリニック」(同市)の通院患者。検査で1月30日に感染が分かり、無症状で自宅療養していたが、酸素吸入が必要な状態になり2月1日に入院。5日に死亡した。成田市の障害者生活介護事業所「うぐいすホーム」では、入所者4人と職員1人の計5人のクラスターが発生した。

 千葉市は28人の感染を発表。花見川区の有料老人ホームで入居者5人と職員1人の感染が分かり、これまでの2人と合わせ計8人のクラスターとなった。

 船橋市は、市内の病院に入院していた80代女性=同市=の死亡と、20人の感染を発表した。クラスターが発生した施設では、陸上自衛隊習志野駐屯地の感染者が3人増え計9人に、船橋北病院の感染者が5人増え計31人になった。

 柏市は、市立中学校の生徒1人を含む5人の感染を発表した。

 7日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市26人▽船橋市21人▽市川市15人▽成田市12人▽松戸市、八千代市が各7人▽野田市5人▽柏市、習志野市が各4人▽浦安市、流山市、佐倉市、富里市が各3人▽我孫子市、鎌ケ谷市、袖ケ浦市、茂原市、香取市、銚子市、鴨川市、富津市が各1人。


  • LINEで送る