横芝光のアヒル農場で鳥インフル 8千羽殺処分 千葉県内今季3例目

 千葉県は21日、横芝光町のアヒル農場で鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県内で今季3例目。発生農場が飼育していたアヒルやアイガモ約8千羽について殺処分を開始し、同日中に終了した。殺処分したアヒルの焼却・埋却、農場の消毒などの防疫措置は24日までの完了を見込んでいる。

 県によると、発生農場から直近1週間に6道府県、9農場へアヒルのひな約6千羽が出荷されていた。各自治体で殺処分され、発生農場と ・・・

【残り 312文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る