木造校舎を解体 四街道市「老朽化で危険と判断」 予定の学童計画は変更

 四街道市立四街道小の「こどもルーム(学童保育)」の定員超過状態を解消するため、新ルームを増設する予定だった同小の木造校舎(2階建て)が改修できず解体されることが、15日までに分かった。市は「地区の社会 ・・・

【残り 538文字】



  • LINEで送る