【新型コロナ詳報】県内388人感染、3人死亡 鋸南の病院でクラスター 日曜では最多

千葉日報社
千葉日報社

 県内で10日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と、388人の感染が判明した。今月4日以来の減少となったが、日曜日に300人を超えるのは初。鋸南町国民健康保険鋸南病院で新たなクラスター(感染者集団)が確認された。県内での死者は139人、累計感染者は1万4218人に増えた。

 千葉市は、虚血性心疾患で亡くなった市内居住の70代男性が新型コロナに感染していたと発表。5日、自宅で同居家族の呼び掛けに反応せず、死亡が確認された。昨年12月25日から症状があり、7日に行われた市の検査で陽性となった。

 県によると、90代以上の男性が8日に死亡した。船橋市によると、入院中だった市内の80代女性も9日に死亡。急性呼吸器疾患が主な死因という。

 鋸南町保田の鋸南病院では、新たに医師や入院患者ら7人が陽性となり、感染判明済みの3人と合わせて計10人のクラスターとなった。入院患者の70代と90代以上のいずれも女性に肺炎の症状がある。

 クラスターが発生した成田市並木町の飲食店「パブ アイリーン」では、新たに利用客の50代男性の感染が確認された。感染者は計16人となった。

 県はこのほか、10歳未満~90代以上の男女202人の感染を発表。

 船橋市は、10歳未満~70代の男女49人の感染を発表した。市内の70代女性1人は中等症で酸素投与を受けている。

 千葉市は、10歳未満~80代の男女85人の感染者を発表した。柏市は、市内などに居住の10代~80代の男女44人の感染を発表した。

 10日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市83人▽船橋市53人▽柏市41人▽市川市27人▽松戸市23人▽八千代市20人▽佐倉市15人▽浦安市12人▽習志野市、鎌ケ谷市が各9人▽流山市が8人▽市原市、野田市、成田市が各7人▽印西市、八街市、富里市、鋸南町が各6人▽四街道市が5人▽我孫子市、白井市、茂原市、東金市、大網白里市、九十九里町が各3人▽香取市、栄町、酒々井町が各2人▽銚子市、富津市、南房総市、山武市、神崎町、睦沢町、横芝光町が各1人▽県外6人▽海外1人だった。


  • LINEで送る