元消防士の男性起訴 千葉地検、酒気帯び当て逃げ

 千葉地検は3日、道交法違反(酒気帯び運転・当て逃げ)の罪で、夷隅郡市広域市町村圏事務組合消防本部の元消防士の男性(30)=いすみ市=を在宅起訴した。

 起訴状などによると、10月4日午前8時ごろ、同市の市道で、酒気帯び状態で軽トラックを運転し、対向車線を走る軽自動車に衝突する事故を起こしたまま逃走したとされる。

 男性は10月30日付で懲戒免職処分となっていた。


  • LINEで送る