男性警部補がコロナ陽性 山武署に派遣 千葉県警

 千葉県警は23日、県警本部刑事部に所属する埼玉県居住の40代男性警部補の新型コロナウイルス感染が分かったと発表した。県警職員の感染確認は、4人目となる。

 県警警務課によると、18日に感染を発表した30代男性巡査部長と同じ山武署に派遣されており、17日から自宅待機していた。男性巡査部長の濃厚接触者として、県警職員31人を検査し判明。残りの30人は陰性だったという。


  • LINEで送る