【新型コロナ詳報】千葉県内40人の感染判明 J1柏で3人 船橋事業所クラスターは100人超え

 千葉県内で3日、10歳未満から80代までの男女40人の新型コロナウイルス感染が判明した。このうち男性3人は、サッカーJリーグ・柏レイソルのネルシーニョ監督を含むチーム関係者。いずれも軽症。柏市保健所は選手やスタッフのチーム関係者約80人の検査を4日に行う予定。

 柏市は3日、いずれも男性で、市内居住の40代と50代と、流山市居住の70代の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。70代は柏レイソルのネルシーニョ監督で、40代はスタッフ。ともに軽症。

 柏市保健所によると、ネルシーニョ監督は1日に発熱し、男性スタッフも同日、発熱やだるさなどの症状が出た。

 50代男性会社員は、入院している家族に面会するため実施した検査で陽性と判明した。無症状。感染経路は不明。

◆女性2人に肺炎症状 松戸の保育士無症状

 県は3日、10歳未満から80代までの男女26人の感染を発表。このうち四街道市の80代無職女性と佐倉市の40代アルバイト女性は症状がやや重く、肺炎症状がある。いずれも入院中で、80代無職女性は酸素投与を受けている。

 県によると、松戸市の40代女性保育士は夫の感染が判明済みで、1日の検査で無症状感染者と判明。10月30日まで県内の職場で勤務しており、子ども9人が濃厚接触者となったほか、同僚5人も検査対象となる。

 家族が陽性だった小中高生の感染判明も相次いだ。

 松戸市の10歳未満の男子小学生は10月22日に38度台の熱が出ており、小学校を含めて濃厚接触者の有無を調査中。同市の男子中学生と印西市の男子高校生は発症日や検体採取日からさかのぼり、2日間は登校していないため、学校での感染拡大の恐れはないという。

 26人のうち、少なくとも8人の感染経路が不明だった。

◆船橋事業所クラスター 新たに7人で100人超え

 船橋市は3日、10代~50代の男女10人の新型コロナウイルス感染を発表した。

 このうち3人の感染経路は不明。40代男性会社員は10月21日から熱っぽさやだるさが続いたため、医療機関を3回受診し、31日に検査を受けた。

 同市居住の30代女性アルバイトは同居家族の感染が判明済み。

 また、クラスター(感染者集団)が発生している物流倉庫業事業所「デイリートランスポート」では、新たに7人の感染が分かり、累計で104人となった。

◆千葉市は男性1人 同居家族も感染

 千葉市は3日、市内居住の50代男性会社員の感染を発表。同居する両親や妻らの感染がすでに分かっており、健康観察中だった10月22日の検査では陰性だったが、再度の検査で陽性となった。現在は無症状。

◆居住

 3日に千葉県内で感染が確認された人の居住地は▽松戸市9人▽船橋市、柏市が各5人▽印西市4人▽市川市3人▽習志野市、流山市、四街道市が各2人▽千葉市、鎌ケ谷市、佐倉市、野田市が各1人。調査中が3人。

◆年代

 年齢層別では40代が8人で最多。20代、30代、50代が各7人と続き、60代4人、10代3人、10歳未満2人、70代と80代が各1人。


  • LINEで送る