2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】1人死亡、34人感染判明 千葉県内 感染者累計5千人に迫る

 千葉県内で30日、10歳未満から80代までの34人の新型コロナウイルス感染が判明した。確認された感染者の累計は4997人に増え、5千人に迫った。入院中は198人で、うち11人が重症。感染して入院中の60代男性1人の死亡も分かった。千葉県内で確認された死者は79人目。

 県によると、亡くなった男性は県内居住(市町村は非公表)で、10月上旬に37・4度の発熱とせきの症状が出て、3日後に新型コロナ陽性と判明し県内の病院に入院。当初は軽症だったが、10月中旬に酸素を投与。人工呼吸器も装着したが、28日に容体が急変し、29日早朝に亡くなった。心臓系の持病があった。

◆千葉市6人 家族や親類判明済み

 千葉市は30日、市内居住で20代~80代の男女6人の感染を発表した。6人とも同居家族や会食した親類の感染が判明している。

◆物流倉庫事業所、新たに6人

 船橋市は30日、市内居住の20代~50代の男女4人と、習志野市居住の30代男性1人の計5人が感染したと発表した。いずれも軽症。このうち、船橋市居住の20代男女2人は、クラスター(感染者集団)が発生した市内物流倉庫業の事業所「デイリートランスポート」のアルバイト。

 市保健所によると、同事業所の感染者は、他保健所からの報告を含め新たに6人。計92人に増えた。

◆専門学生や看護師ら 
 
 県によると、他の新規感染者のうち、成田市の20代女子専門学校生が通う県内専門学校では10人の感染が判明済み。

 浦安市の20代女性看護師は感染経路不明。県内の病院でコロナ患者の対応に当たっていた。

 松戸市の50代女性介護士は県内の特別養護老人ホームで28日まで勤務。松戸市の40代男性は26日まで県内の障害者福祉施設で勤務した。ともに同居家族の感染が分かっている。大阪府の20代アルバイト男性は県内の実家に帰省していた。

  
◆4日ぶり40人未満 11人は感染経路不明

 判明が40人未満となるのは4日ぶりだが、少なくとも11人の感染経路が不明。
 
◆20代が最多14人
 
 30日に千葉県内で感染が確認された人の年齢層は、20代が14人で最も多い。次いで30代6人、50代5人、80代3人。10歳未満と40代は各2人で、10代と60代が各1人。

 居住地別では▽千葉市6人▽松戸市5人▽船橋市と習志野市が各4人▽浦安市と市川市が各3人▽成田市と流山市が各2人▽市原市、佐倉市、富里市、我孫子市が各1人▽大阪府1人-となっている。
 


  • LINEで送る