柏市が除染計画策定 重点調査地域で2例目

 柏市は15日、放射性物質汚染対処特措法に基づき策定を進めてきた「市除染実施計画」について、同日付で国との合意が得られたと発表した。市によると、国の「汚染状況重点調査地域」に指定された全国104市町村の中で、流山市に続き2件目の計画策定。

 公共施設などの除染基準は国のガイドラインに沿う他、子どもの生活環境である小学校や保育園などでは市の独自基準として「地上5センチの高さで毎時0・23マイクロシーベルト未満」を目標に除染を進める。最終的には追加被ばく線量を年間1ミリシーベルト未満の環境にすることを目指し、2013年度末までに市内全域の除染を終える。


  • LINEで送る