2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

5市にまた爆破予告 13日、市役所で警戒強化

 全国各地の自治体や学校に爆破予告が相次いでいる問題で、浦安と富里、山武、印西の4市は12日、各市役所にも爆破予告があったと発表した。いずれも13日正午に時限爆弾を作動させるとの内容。八街市もホームページで爆破予告を受けたことを明らかにしており、5市は管轄警察署に通報するなどして警戒を強めている。

 浦安市には、同市ホームページの問い合わせフォームから「時限爆弾を作動する」「そのあとライフルを持って庁舎に入り、生き残った人間を殺害する」との爆破予告があった。同市は浦安署に連絡し、13日午前11時~午後0時半に庁舎と立体駐車場を閉鎖することを決めた。

 ほかの4市にも、問い合わせフォームを通じて市役所を標的とする同様の爆破予告が寄せられた。

 富里市は成田署に通報し、連携して警備を強化するとともに予告時間前後の13日午前11時半~午後0時半には市役所本庁舎と分庁舎、すこやかセンターを臨時閉庁し全員退避して対応。山武市は山武署に通報し、当日は庁舎の正面玄関以外の出入り口を閉鎖するなどの態勢を取る。

 印西市は関係機関に連絡し、庁舎を巡回したが、異常は確認されなかった。爆破の予告時間前後は臨時閉庁する。八街市もホームページで同様の対応を取ることを案内している。


  • LINEで送る