娘婿に懲役15年判決 木更津市議殺害「強固な殺意、残虐な犯行」

石川祥一被告
石川祥一被告
石川哲久さん
石川哲久さん

 木更津市のマンションで昨年3月、市議の石川哲久さん=当時(71)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた娘婿で無職、祥一被告(45)=岡山市北区=の裁判員裁判の判決公判が7日、千葉地裁で開かれ、平塚浩司裁判長は「強固な殺意に基づく残虐な犯行」として懲役15年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。

 判決によると、昨年3月9日午後7時20分~35分ごろ、木更津市中央2のマンションの哲久さん方に無施錠の玄関ドアから侵入し、玄関前通路付近で哲久さんの頭をハンマーで十数回殴ったり顔や胸を包丁で約10回刺したりして殺害した。


  • LINEで送る