2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

JR中央・総武線でモニタートラブル JR千葉支社

 JR東日本の東京総合指令室で26日午後9時55分ごろ、中央・総武線(各駅停車)を管理するモニター上に、電車がないはずの津田沼駅(習志野市津田沼1)で在線表示が点灯するトラブルが発生し、千葉方面行きの運転を一時見合わせた。設備関係社員が点検・処置を行い、26日午後11時35分に運転を全面再開した。詳しい原因を調べている。

 JR千葉支社によると、上下7本が運休し、上下21本が最大55分遅れ、乗客約3200人に影響した。


  • LINEで送る