2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

JR久留里線で信号装置誤作動

 20日午後2時5分ごろ、木更津市長須賀のJR久留里線木更津-横田間の信号装置が誤作動を起こし、一時運転を見合わせたと発表した。

 JR千葉支社によると、信号装置は列車が線路を通過する際に列車の有無を知らせるもので、列車がいないにも関わらずいることを示す表示になっていた。木更津-上総亀山間の運転を見合わせ、信号装置と線路の点検を実施。約2時間20分後に運転を再開した。

 上下計6本が運休、上り1本が126分遅れ、乗客約500人に影響した。


  • LINEで送る