2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

60代男性受刑者死亡 千葉刑務所、自殺か

 千葉刑務所(千葉市若葉区)は11日、単独室に収容していた60代の男性受刑者が死亡したと発表した。

 同所によると、9日午前4時10分ごろ、見回り中の刑務官がうつぶせの姿勢でポリバケツにためた水の中に顔を入れている男性を見つけた。男性は意識不明の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。同所は単独室の状況などから自殺とみている。

 午前3時50分ごろの見回りでは、男性は布団の上に座っており、変わった様子はなかったという。ポリバケツは掃除用として各部屋に常備されていた。

 同所の小尾博巳所長は「被収容者が死亡したことは誠に遺憾。動静視察を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。


  • LINEで送る