2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

電子図書館、利用急増 八千代貸し出し5倍、流山早くも昨年度超え 外出自粛が普及に一役

スマートフォンやパソコンなどで利用できる八千代市の「電子図書館」
スマートフォンやパソコンなどで利用できる八千代市の「電子図書館」

 公共図書館での電子書籍の貸出件数が急増している。新型コロナウイルスの感染が広がる中、図書館に出掛けずに借りられる利便性が理由で、八千代市では4、5月の貸出件数が前年同期比で約5倍の計1279件だった。流山市立図書館でも4月からの4カ月間で、昨年度1年間の貸出件数を上回っている。全国で電子書籍を扱う「電子図書館」を持つ自治体は全体の5%にすぎず、関係者からは新型コロナが普及の契機になるとの声も上がる。

 緊急事態宣言が出ていた4、5月が特に顕著で、図書館運営最大手の図書館流通センター(東京)によると、78自治体が利用する同社の電子書籍貸し出しシステムで、5月の貸し出し実績が前年同月比5・3倍の8万5392件だった。6月以降も前年を上回る傾向が続いているという。

 同社は「4月ごろからサービスへの問い合わせが急に多くなった。コロナを受け、導入を検討する自治体が増えたようだ」と驚く。

 印刷会社などでつくる電子出版制作・流通協議会の集計では、4月1日時点で電子書籍の貸し出しを行っている自治体は約90。県内では八千代市と流山市が電子書籍を貸し出しているという。

◆「充実させていく」

 八千代市では2015年7月から「電子図書館」を導入している。現在は小説や児童書、料理本など約7600のコンテンツがあるという。新型コロナの影響で来館を控えた人向けに臨時のIDを発行したこともあり、今年4、5月の電子図書の貸出件数は前年同期比1016件増の1279件だった。

 同市中央図書館の担当者は「新型コロナがいつ終息するのか分からず、来館できない人もいる。現状では紙の資料が多いが、電子図書を充実させていく必要がある」と指摘した。

◆導入、維持費ネック

 13年10月から電子書籍を扱う流山市立図書館では昨年度、163コンテンツの貸し出しがあった。今年は4~7月までで既に170コンテンツを貸し出し、利用者数も114人と昨年度1年間とほぼ同じ人数に達している。

 現在は約260コンテンツで運用しており、同市の担当者は「予算に限りがあるが、図書資料とのバランスを取りながら内容を充実させていきたい」と説明した。

 システム導入や維持管理にかかる費用が普及を阻んでいるというが、同協議会は導入が進めばコストは徐々に低下すると説明し「若い世代は電子書籍を読むのに抵抗感が薄い。コロナの感染拡大でニーズは高まっており、普及が各地で急加速する可能性がある」と話した。

◇電子書籍の貸し出し 電子データ化された本をスマートフォンやタブレット端末向けに貸し出すサービスは、各地の公立図書館などで少しずつ増えている。利用者はインターネット上で本を検索し、電子データとして借りる。貸与期間が過ぎれば自動的に読めなくなる。自宅などからいつでも入手でき、文字の大小の調節や音声読み上げもできるといった長所がある。ただ、システム導入や維持管理にかかるコストの面で二の足を踏む自治体も多い。


  • LINEで送る