2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ詳報】GoTo旅館でクラスター 従業員7人感染 宿泊客延べ360人調査へ

 千葉県内で25日、10歳未満から80代までの33人の新型コロナウイルス感染が判明した。勝浦市内の旅館「緑水亭 勝浦別館 翠海」で同日までに従業員7人のクラスター(感染者集団)が発生し、県が宿泊客らを含めた詳しい状況を確認している。千葉市花見川区内の飲食店1カ所でも客と従業員各1人の感染が新たに判明して計6人のクラスターとなった。千葉県内ではこの日、新規感染とは別に、感染が判明して入院中の80代男性1人の死亡も分かった。

 県は25日、勝浦市内の同旅館で、10代2人と50代1人の女性従業員計3人(いずれも勝浦市居住)の感染が判明したと発表。同旅館では既に30代~60代の男性従業員4人の感染が分かっており、7人のクラスターとなった。このうち、30代と50代の男性従業員2人に肺炎の症状が出ている。

 従業員全27人の検査は終えた。感染が判明した従業員には調理場や配膳、事務の各担当者がいる。

 県によると、従業員には16日から症状が出始め、同旅館は22日から休業している。従業員は勤務・接客時にマスクを着用し、部屋の鍵を消毒したり、客との接触も最小限にしたりするなど業界団体が示した感染防止指針に沿っていた状況がうかがえるという。

 8月14~21日の宿泊客は県内外の延べ360人前後とみられ、居住地の保健所を通じて健康状態の確認を進める。15日から16日にかけて宿泊した千葉市内居住の夫婦2人の感染が判明しているが、従業員との接触はごく限定的で、宿泊後すぐに発症した状況から、県は現段階では直接的な関連は薄いとみている。同旅館はホームぺージによると、国の観光支援事業「Go To トラベル」の対象施設だったという。

◆死亡男性当初は熱や鼻水
 
 一方、県によると、感染が判明済みで死亡した80代男性は県内居住(市町村は非公表)。8月中旬に熱や鼻水、頭痛の症状を訴えて県内で受診し、検査で新型コロナ陽性と判明し入院。治療機器の整った県内の別の病院に転院したが、容体が悪化したまま回復せず、24日に亡くなった。

◆花見川区の店で計6人

 千葉市は25日、同市花見川区の飲食店で女性客=同市居住=と男性従業員=同=の新型コロナ感染が分かり、判明済みの4人と合わせて計6人のクラスターになったと発表した。現在、客約10人の検査を行っている。

 市によると、飲食店は同区南花園2の「ダーツバー スナジー」。同店は従業員2人、客2人の計4人が感染しており、さらに25日までに20代の女性客と30代の男性従業員の計2人の感染を確認。男性従業員は18日の検査で陰性とされたが、23日に発熱や喉の痛みなどがあったため、再検査したところ、陽性となった。男性従業員は入院、女性客はホテルで療養している。

 アルコールで店内を消毒したり多人数での入店を断ったりしていたが、客同士の間隔が狭く、構造上、換気が不十分だったという。同店は17日から休業中。

 市は最初の患者が12日に発症したことから、11~16日に同店を利用し発熱などがある場合は市帰国者接触者相談センター(電話)043(238)9966に相談するよう呼び掛けている。

 また、市は市内居住で30代の医療従事者女性の感染も発表。女性は都内勤務で夫の感染が分かっている。

 25日に千葉県内で感染が判明した人の年齢層は、50代が10人で最多。次いで10代、30代、40代が各5人、20代が3人、80代が2人。10歳未満、60代、70代が各1人となっている。

 居住地別では▽浦安市5人▽松戸市、柏市、船橋市、千葉市、勝浦市が各3人▽八千代市2人▽市川市、鎌ケ谷市、習志野市、印西市、富里市、袖ケ浦市、野田市、白井市、佐倉市、いすみ市、東金市が各1人-だった。

 千葉県内で確認された累計の感染者は2834人、死者は60人目となった。


  • LINEで送る