2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

他人のクレカ情報不正目的提供疑い 千葉県警、決済代行役員逮捕

 決済代行業務で知り得たクレジットカード番号を不正な利益を得る目的で仲間に提供したとして、県警は19日、割賦販売法違反の疑いで東京都港区海岸1、決済代行会社役員、高橋義純容疑者(43)を逮捕した。決済代行会社が同様の目的でカード情報を使用し、同法違反容疑で摘発されるのは全国初とみられる。

 逮捕容疑は2017年4~10月ごろ、海外にある決済代行会社の業務で入手した108人分のカード番号について、不正な利益を得るため、仲間の男2人にインターネット回線を通じて提供した疑い。

 県警サイバー犯罪対策課によると、高橋容疑者は男2人とともに架空の決済で不正に金を振り込ませたとされる電子計算機使用詐欺事件で逮捕、起訴されている。逮捕は3回目。「間違いない」と容疑を認めており、同課は高橋容疑者を実質的経営者とみて犯行の経緯などを調べる。


  • LINEで送る