山本寛斎さん、スカイライナーも担当 京成電鉄、認知度向上に感謝

山本寛斎さんがデザインしたスカイライナーと記念ヘッドマーク(京成電鉄提供)
山本寛斎さんがデザインしたスカイライナーと記念ヘッドマーク(京成電鉄提供)

 山本寛斎さんは、成田空港と東京都心をつなぐ京成電鉄(市川市)の現行のスカイライナーをデザインし、2010年度のグッドデザイン賞を受賞した。同社の担当者は「格好良くスマートなデザインで、スカイライナーの認知度を高めてくれた」と感謝した。

 同社は、スカイライナーが走行する成田スカイアクセスの開業10周年に合わせ、山本さんが新たにデザインした記念ヘッドマーク付きの車両を17日から運行している。

 山本さんはヘッドマークについて、「日本の代表的モチーフである市松模様が風とともに世界に羽ばたく姿を表現した。スカイアクセスとともに日本の素晴らしい文化を世界に発信していきましょう」とのメッセージを寄せていた。


  • LINEで送る