2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

銚子市職員を逮捕 娘と共謀、詐欺の疑い 旭署

 旭署は24日、詐欺の疑いで、銚子市生活環境課職員、鈴木光志容疑者(59)=同市犬若=と長女で無職の江利子容疑者(33)=同所=を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は共謀し、3月7日午後7時5分~25分ごろ、成田市の雑貨店で、不正に入手した他人名義のクレジットカードを使い、縫いぐるみなど15点(販売価格計2万5960円)をだまし取った疑い。

 同署によると、江利子容疑者は既に同僚の女性からクレジットカードを盗んだとされる窃盗事件で逮捕・起訴されており、その後の捜査で光志容疑者を含めたカード使用の疑いが発覚した。

 光志容疑者は江利子容疑者から依頼されて1人で店を訪れたといい、「娘が使ってよいと言ったから使った」と供述。江利子容疑者は容疑を認めている。

 銚子市の越川信一市長は「職員が逮捕されたことは甚だ遺憾。今後、事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを発表した。


  • LINEで送る