新型コロナウイルス情報

にぎわい取り戻す千葉県内 緊急事態解除2度目の週末 【新型コロナ】

営業再開後初の週末を迎え家族連れらでにぎわう千葉市動物公園=6日午前、千葉市若葉区
営業再開後初の週末を迎え家族連れらでにぎわう千葉市動物公園=6日午前、千葉市若葉区
商業施設などの営業が再開されにぎわいが戻ってきた千葉駅周辺=6日午前、千葉市中央区
商業施設などの営業が再開されにぎわいが戻ってきた千葉駅周辺=6日午前、千葉市中央区

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から2度目の週末を迎えた6日、千葉県内の観光施設や繁華街は人出が増え、にぎわいを取り戻しつつある。

 千葉市動物公園(同市若葉区)は休業要請が解除された1日、54日ぶりに営業を再開して最初の週末。園内は動物との再会を待ちわびた家族連れらの笑顔があふれ、前日(5日)より3千人以上多い約4500人が詰め掛けた。

 家族4人で約1年ぶりに訪れた八千代市の小学1年、渋井瑛奈ちゃん(6)、晴ちゃん(4)姉妹は「ライオンがかっこよかった」と声を弾ませた。千葉市若葉区の高橋陸ちゃん(2)は両親と初の来園。お目当てのゾウを見られ「楽しかった」とご機嫌。母親の明香さん(32)も「園内が広く、いろいろな動物を見ることができて満足」と話した。

 千葉駅周辺をはじめ千葉市中心部も同日までに、多くの商業施設などが通常通り営業を再開。買い物袋などを提げたマスク姿の人々が行き交った。


  • LINEで送る