生後10カ月次女を放置 1月死亡、容疑で母逮捕 市原署

 生後10カ月だった次女が衰弱しているのを認識しながら放置したとして、千葉県警市原署は3日、保護責任者遺棄の疑いで自称住所不定、無職、小西理紗容疑者(23)を逮捕した。次女の紗花(すずか)ちゃんは1月に死亡しており、同致死容疑の適用も視野に捜査を進めている。

 逮捕容疑は1月3日~25日ごろ、当時住んでいた市原市ちはら台東8のアパートの一室で、当時生後10カ月の次女に十分な食事を取らせず、低栄養状態で衰弱していると知りながら、病院に連れて行くなど生存に必要な手だてを講じずに放置した疑い。

 同署によると、1月25日正午ごろ、別居する小西容疑者の夫が「子どもが息をしていないと妻から連絡があった」と110番通報した。駆け付けた救急隊が、痩せ細った状態の紗花ちゃんを見つけ、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は低栄養や脱水による衰弱とみられる。

 小西容疑者は事件当時、紗花ちゃんのほかに長女(5)と長男(3)を含む4人で暮らしていた。長女と長男に健康上の問題はなかったという。同署は、紗花ちゃんに対する育児放棄があったとみて詳しい経緯を調べる。認否について、小西容疑者に精神疾患による通院歴があることから明らかにしていない。

 市原市子ども福祉課は、今回の事件に関して「個人情報保護と児童福祉の観点から、市としては関わりの有無を含めて答えられない」としている。


  • LINEで送る