新型コロナウイルス情報

千葉県内熱中症6人搬送 気温上昇、マスク着用対策を

 千葉県の集計によると、県内で2日、6人が熱中症となり救急搬送された。重症者はおらず、3週間未満の入院が必要な「中等症」が3人、入院には至らない軽症が3人となっている。船橋市や柏市など各地で搬送。県消防課は「小まめに水分を取ってほしい」と話し、警戒を呼び掛けている。

 銚子地方気象台の観測によると、2日の県内最高気温は市原市牛久の27・7度で、平年より2・8度高く、7月上旬並みの暑さ。県内15の観測地点のうち13地点で気温25度以上の夏日となった。勝浦市と館山市は今年の最高気温を更新した。3日も県北西部で28度、県南部では29度前後まで上昇が見込まれる。

 新型コロナウイルス対策で外出時にマスク着用の機会が続く中、熱中症対策も必要な季節が到来した。

 県は、県内各消防本部からの情報を取りまとめた熱中症救急搬送の集計(各日午後4時現在)を今年も6月1日に開始。初日の1日の搬送発表はゼロだった。


  • LINEで送る